関東地方日帰りバスツアーの見所

茨城県 日帰りバスツアーの見所

茨城県は、農地面積が県域の3分の2を占めるという、全国有数の農業県です。また、寒暖2流が合する好漁場を持ち、漁獲高も全国TOPレベルです。那珂奏港は遠洋漁場の基地となっています。日立市や鹿島臨海工業地帯を中心に、工業も盛んな県です。

茨城県の県民生

昔から「水戸の三ぽい」といわれ、理屈っぽい、骨っぽい、怒りっぽいのが特徴とされています。直情径行型で、すぐ実力行使に出てしまう傾向があるといわれています。しかし、この一本気な性格も、裏を返せば筋を通さずにはいられない、真正直さからくるものといえます。

茨城県の見所

  • 袋田の滝
    日本三大瀑布のひとつで、高さ約120m、幅73m。県最北部の大子町にあります。滝の流れが大岸壁を四段に落下することから、「四度の滝」とも呼ばれています。また一説には、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ本当の風趣は味わえない」といったことからその名がついたともいわれています。
  • 霞ヶ浦周辺に広がるハス田
    霞ヶ浦を中心に1740ヘクタールのハス田があります。

茨城県の建造物・名所

  • 自由の女神よりも背が高い大仏様
    牛久市にある東京本願寺の牛久大仏は、高さ120m、重さ4000トンの大仏です。85mにある5階には展望台があり、エレベーターで昇ることができます。
  • 新田開発の石碑
    牛堀町にある新田開発の石碑は、1607年に藤ヶ崎氏が水田を開いたことを記念して建てられたものです。
  • 本格的ワイン醸造場
    1903年につくられた牛久シャトー。ワインに関する貴重な資料の展示のほか、レストランや観光庭園なども設備されています。
  • 茨城県フラワーパーク
    県中央部の八郷町にあり、6~7満㎡の広大な敷地にバラが500品種3万本、ボタン70種900株、熱帯花木300種3000本、その他の花木6800本が栽培されています。
  • 吊り橋
    1994年4月に水府村の竜神ダムに完成した竜神大吊橋は、主塔間の長さ375m、端からダムの湖面までの高さ100mで、一度に3500人が渡れます。

 

 

栃木県 日帰りバスツアーの見所

栃木県は、米を中心に、いちご、かんぴょう、こんにゃくなどの農業も盛んです。古くは繊維工業、現在は宇都宮、小山、足利などの諸都市で、機械、電気機器、輸送用機器などが生産されています。また、県の中心都市である宇都宮は、商業都市しての色彩が濃いです。

栃木県の県民生

江戸時代、小藩や天領が複雑に入り組んでいたため、隣県の茨城や群馬のような強烈な個性というものが育たず、従順で温厚な性格を作り上げたと評されます。一般的には積極性に欠け、お人好しといわれるが、よく言えば素朴でまじめといえるでしょう。

栃木県の見所

  • 世界的文化遺産「日光杉並木街道」
    樹齢300年以上の杉の巨木約13,200本が、日光東照宮への街道沿いに37kmにわたって両側に連なっており、並木道としては世界一の長さを誇ります。1625年ごろから、松平正綱・正信親子が日光街道、例弊使街道、会津西街道に植樹したのが始まりといわれています。
  • 高層湿原
    奥鬼怒は標高2000mにある湿原で、大小合わせて50余りの湖があります。ワタスゲ、チングルマなどの花が咲き乱れる、高山植物の宝庫でもあります。

栃木県の建造物・名所

  • 日本最古の総合大学「足利学校」
    足利市昌平町にある足利学校は、宣教師フランシスコ・ザビエルによって、ヨーロッパで「板東の大学」として紹介された日本最古の総合大学です。1432年の創設といわれています。江戸時代末期に一部を残して焼失しましたが、1990年に往事の威容を再現した建物が復元され、現在一般公開されています。

 

 

群馬県 日帰りバスツアーの見所

群馬県は、農業は多彩で、養蚕やこんにゃくの生産で有名ですが、野菜、果樹、施設園芸などの比重も増大しています。工業は輸送機器、電気機器、食品などが主で、前橋市、高崎市、伊勢崎市などが中心です。伝統的な繊維工業は桐生市で健在しています。

群馬県の県民生

上州名物は、からっ風とかかぁ天下といわれるように、女性上位の国といわれています。養蚕と製糸業が古くから盛んで、これに従事したのが主に女性だったため、男は働かなくてもよく、この風潮が生まれたといわれています。

群馬県の見所

  • 溶岩流
    浅間山北側斜面から裾野へかけて東西3km、南北12km、厚さ30~50mにおよぶ「鬼押出し」が日本最大の溶岩流です。天明3年の大噴火で流出した溶岩が凝結したもので、その様相が鬼を連想させることから、この名がついたとされています。
  • 最古の浮き島
    利根郡月夜町にそびえる大峰山(1255m)の山腹に大峰沼があります。この沼に浮かぶ浮島は、約1万年を経過しているといわれ日本最古の浮き島とされています。この浮き島は、面積280㎡、暑さ約8.6mあります。

群馬県の建造物・名所

  • 魔崖仏
    1985年5月に開眼法要を行ったもので、高さ10m、横幅8mで日本一。甘楽町にある長厳寺というお寺の裏山に掘られています。甘楽町は織田信長の次男信雄より7代にわたり、織田城下町として歴史を積み上げ、町内には織田家7代の墓や、国峰城趾、小幡城趾、武家屋敷等史趾、文化財、古い家並みなどが残っています。

 

 

埼玉県 日帰りバスツアーの見所

埼玉県は、農業は県北を中心に野菜や花などの近郊都市農業が行われていますが、全体的には宅地化の影響で現象方向にあります。一方工業は、内陸型の工業団地が続々と誕生し、重化学工業を軸に発展しています。また、「埼玉都民」という言葉があるように、東京通勤園として県南部を中心に人口増加が目立ち、商業も躍進しています。

埼玉県の県民生

東京都の結びつきが強く、他県からの流入者が多いためか、個性に乏しく、これといった統一的な特徴がないことが特徴です。したがって、郷土意識や大同団結の気風も薄いといわれています。ただし、県西部の秩父人は、気候風土の影響か、素朴ですが気性が激しく忍耐強い性格といわれています。

埼玉県の見所

  • 牛島の藤
    国の特別天然記念物にも指定されている春日部市にある藤花園の「牛島の藤」。根本周囲9m、花房の長さ2mで、推定樹齢は約1200年。

埼玉県の建造物・名所

  • 長瀞渓谷(ながとろけいこく)
    荒川の流れによってつくられた渓谷で、地質学上貴重な岩畳や谷が広域にわたっており、変化に富んだ景勝地として名高いところです。1924年、全国で最初に国の名勝・天然記念物に指定されました。

 

 

千葉県 日帰りバスツアーの見所

千葉県は、農業は県東部や九十九里平野を中心に野菜栽培が盛んで、農業出荷額も全国有数です。工業は東京湾岸の京葉工業地域の重化学工業を軸に、ハイテク企業、流通サービス業などの進出が目立ちます。地場産業として野田や銚子の醤油づくりも有名です。

千葉県の県民生

漁民が多く、しかも温暖な土地柄だったため、がさつだが明るく積極性に富んだ人が多かったといわれています。しかし、最近は一部にその気風が残るものの、東京のベッドタウン化で、これといった県民性は見出すことはできないようです。

千葉県の見所

  • 九十九里浜
    約60kmもあり日本最長の砂浜です。6町を1里として測ったところ、99里あったというのが地名の起源だという説があります。

千葉県の建造物・名所

  • 幕張メッセ
    全長520m、展示面積約5万4300㎡の広さを持つアーチ型の「国際展示場」。最大9000名を収容できる「幕張イベントホール」、AVシステムを備えた「国際会議場」などがあります。
  • 「料理の神様」を祀る神社
    千倉町の高家神社。「料理の神様」磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)を祀っています。

 

 

東京都 日帰りバスツアーの見所

東京都は、日本の政治・経済・文化・交通などの中心都市であり国際都市です。機械、印刷などの工業も発達していますが、産業比率でみると、第3次産業が8割強を占めます。流通、情報サービスが代表的なものです。

東京都の都民生

短期でおっちょこちょいですが、情にもろくお節介。こんな江戸っ子気質も、三代続いて本物といわれる江戸っ子の減少とともに、いまではほとんどみられなくなったようです。現代の東京は、個人主義的で人間関係が薄いのが特徴といわれています。

東京都の見所

  • 日本最深の溶岩洞窟
    1994年4月、八丈島の八丈富士山頂で発見されたもので深さは77mです。

 

 

 

神奈川県 日帰りバスツアーの見所

神奈川県は、代表する産業は工業で、生産額は常に全国トップクラスです。京浜工業地帯の東京湾岸沿いに、鉄鋼、セメント、造船などが栄えましたが、近年は内陸部諸都市への進出が目立ちます。また、文化開化の先がけとなった横浜港は、日本を代表する貿易港です。

神奈川県の県民生

海外の風をいち早く受けたハマっ子は、ハイカラで好奇心が強く、明るく開放的ですが、半面、繊細ですぐに落ち込んでしまうようなところがあるとか。また、江戸っ子気質にも通じますが、人情に厚く、頑固者が多いのも特徴です。

神奈川県の見所

  • 相模湖
    1947年に誕生した相模湖は日本初の人造湖で面積は3.26k㎡です。水資源確保のため、相模川をせきとめて造られました。

神奈川県の建造物・名所

  • ラーメン博物館
    1994年3月にオープンした新横浜ラーメン博物館は、ラーメンに関する文化、情報の展示のほか、昭和30年代の町並みを再現したフロアに、全国各地からよりすぐったラーメン店があり、その味を楽しむことができます。
  • 八景島シーパラダイス
    敷地内には数々のアミューズメント施設がありますが、中心はなんといっても水族館です。下層部までエスカレーターで、水中トンネルを通って下りていくことができます。また、水族館以外にも、遊園地などがもあります。
  • 金沢文庫
    横浜市にあり、鎌倉中期に金沢実時によって創設された日本初の図書館です。年代は明白ではありませんが、1275年ごろとされています。
  • 日本初の国立美術館
    鎌倉市の鶴岡八幡宮境内にある県立近代美術館で、1951年11月に開館しました。開館記念の「セザンヌ・ルノアール展」は、当時多くの話題を呼びました。
Pocket
LINEで送る